上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 



 二人退場してるだけに、引き分けただけマシってとこかしらね。

 しかし、いつもの事だけど、バー=ポスト選手にはいつもいつも世話になるなぁ。

 
スポンサーサイト
07/26|戯れ言コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 



 勝てそうな試合ではあったが…。
 リスクを犯して勝ち点3を奪いに行かなかった消極性を責めるのか、堅実に勝ち点1を積み重ねた事を褒めるべきか。
 結果論だけど、一つ上の鞠がこの節負けてるだけに、ここで勝っておけば勝ち点差1にまで迫れて、降格圏脱出と言う目標がわかりやすくなってきてたんだけどなぁ。

 まぁ、何度かあったセットプレーで1点でも決まってれば試合は動いたとは思うが、大分もJ1最小失点を誇るだけに守備が堅い。
 特に西川は良いな。川崎の川島とこの西川がいればしばらく代表GKは困らないだろうな。
 川口と楢崎でずっと回してきたけど、ここ数年で世代交代の足音がヒシヒシとしてる感があるなぁ。

 
07/20|コンサドーレコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 


 ダヴィめんこ過ぎるよ、ダヴィ…(*´Д`)ハァハァ
 上手いのか下手なのかが未だにようわからんけど、時折見せてくれるこういうプレーでハートを射抜き、インタビューでもそのめんこさで虜にする。
 それでいて年棒はJの外人の中でも破格の安さ。(去年は500万で来て、今年は2000万だったかな、動画の※では1000万って言われてるけど、確か2000万だった筈)
 こんな萌え系FW、愛さずにおれようか?


 今季のリーグ戦は混戦模様で、4位の脚から16位の鞠まで勝ち点差10の中にひしめくという異常っぷり。
 更に言うと、1位の鹿島と4位の脚も勝ち点差は3しか離れておらず、ちょっと連勝すれば一気に上に行けるという状況だったり。
 そんな中で、開幕からどん底の連敗街道を歩いた千葉と、微妙に勝ち点を拾えない札幌の下位2チームだけはちょっとだけ離されて、自動降格枠の二つをそのまま埋めてしまうんじゃないか、というダメっぷり。
 そんな下位2チームの札幌と千葉は、これ以上ダンゴ集団から離されるわけにはいかず、尚且つ片方を蹴落として自動降格枠を一つ埋めなきゃいけないという、残留争いをする上で重要な、下位2チームによる直接対決の裏天王山、まさに決戦。

 まぁ、裏天王山の名前に相応しく、微妙に低レベルな試合だったようですが…。
07/16|コンサドーレコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 




 何でこう、いつになってもゾーンのポジショニングばっか気にして敵についてマークする、敵にボールが入りそうになった所を当りに行く、っていろはのいの事ができないんだろうかね?
 ゾーンを守る為にゾーンの位置で配置してるんじゃなくて、失点しない為、コンパクトな陣形守って奪ったボールを早く展開する為にゾーンでプレスかけてボール奪おうって戦術なんじゃねぇのかねぇ?

 
07/13|コンサドーレコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 



 某スレから転載、されたのをまた転載


541 名前:U-名無しさん[sage] 投稿日:2008/06/30(月) 06:14:13 ID:e1lj7sLL0
ゴラッソ ◆2UZa8oCriQ [sage] 投稿日:2008/06/29(日) 22:59:50 ID:caUWqJHs0
ただいまガンバスレ
今日はさんざん上がってる通り内容はしおらしい試合だったが
原因は技術や戦術よりも、精神的な面が大きかったと思う

立ち上がりはすごく良くて、いいリズムのままあっさり先制
いきなり取っちゃったもので、「こりゃ楽勝だ」と完全に気が緩んでしまった
楽に勝ちたいから頑張らない、走らない、一発狙いの3重奏
かたや札幌はゲームプランが早々に崩壊して、とりあえずガツガツ攻めろーのノリ
こうなると一方的に流れが札幌にかたむくのは当然のこと

同点に追いつかれた後もしばらくは緩んだままだったが、
30分過ぎてこりゃマズイと思ったのか、突然ペースUPしてガンバの流れ
ただまたあっさりバレーがゲットして、のんびりモードに逆戻り

ハーフタイムに西野に激怒されたのか、後半立ち上がりは再度フルパワー
ところがルーカスのゲットで、また楽勝だと三度気が緩むガンバイレブン
ここからはドリブル突破は許すは、クロスは簡単に上げさせるは、
攻撃はチンタラやってチャンスを潰すわでどっちが下位か分からない状況に
藤ヶ谷のミスもあったが、案の定札幌に1点返されてしまう

その後もピリッとしない状態で、正直同点ゴールを食らっても仕方なかったが
なにせ札幌、ゴール前での仕事の質は泣けるほど低い
最後はセットプレーで守備面も集中力を切らしてジ・エンド
遠藤のFK精度は高かったが、札幌のディフェンス7人全員がマッチ棒状態では
決まって当たり前のごっつあんゴール

こんだけ遊びながら試合して勝つんだから、立派と言えば立派だが
これを繰り返すと、必ず勝ち点を失って後悔するときがやってくる
西野か智あたりが雷落として、もう一度気を引き締めてもらいたい

 
07/05|コンサドーレコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

藤澤征宗、宗壱、大航海時代online・Z鯖のサビオラ

Author:藤澤征宗、宗壱、大航海時代online・Z鯖のサビオラ
長文をテケトーに書き殴ってるブログ。

mixiのリンク

twitter_wind
Twitter ブログパーツ
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。